MENU
ひー
2020年1月よりブログを開始した30代サラリーマン。
主にお金にかかわる事(投資、節約、貯金、お小遣い稼ぎ等)、資格、旅行についての情報を発信していきます。
当サイトの使用テーマ「SWELL」の詳細情報はこちら!

もう口が臭いとは言わせない!口臭ケアにおすすめな市販品のご紹介

<span class="fz-18px">友人</span>
友人

「お前口臭っ!」

<span class="fz-18px">パートナー</span>
パートナー

「ごめん口臭すぎてキスできない。」

上記の言葉たちは私の人生の中で傷ついた言葉ベスト5に入る言葉です。

(ちなみに1位は「お前の顔ポケモンのマダツボミに似てんな」です。)

 

 

こんにちは。ひーです。

冒頭のようにひどい言葉を浴びせられていた私ですが、その後様々な口臭ケアを実施し、最終的には口が臭いと言われなくなりました

今回は口臭ケアにおすすめな市販品をご紹介したいと思います。

目次

口臭の原因

口臭は大別すると胃や内臓の不調が原因で発生するものと、口内環境が原因で発生するものに分かれます。

今回は後者のタイプのケアについてご説明いたします

 

後者のタイプは歯に残る汚れ(歯垢や歯石)や舌に残る汚れ(舌苔)が口の中の細菌を増やし、口臭を発生させます。

またこれらの汚れをほっておくと、虫歯や歯周病の原因にもなり、さらに口臭を悪化させてしまいます

そのためこれらの汚れをできるだけ取り除いて、口内細菌を減らしたり、虫歯や歯周病を事前に予防することで口臭を抑制できます

以下私が実際に使用した市販品をご紹介いたします。

おすすめの口臭ケアグッズ(市販品)

糸ようじ

歯磨きだけの場合、歯についている汚れは約6割ほどしか取れません

歯と歯の間の汚れは歯ブラシでは取れないことが原因かと思われます

しかし歯磨き+糸ようじだと8割以上の汚れが取れます。

参考:糸ようじ®|製品情報|小林製薬の歯間ケアシリーズ (kobayashi.co.jp)

そのため歯磨きと糸ようじは必ずセットで行うのがお勧めです。

私が使っている糸ようじは下記のものです。

created by Rinker
¥545 (2021/06/13 03:33:15時点 楽天市場調べ-詳細)

糸ようじの中ではロングセラー商品です。

これよりも価格が安い糸ようじは他メーカーでいくらでもあり、私も一時使っておりましたが、歯に入りずらかったり、糸が途中で切れてしまうなどの問題点があったため最終的に小林製薬の糸ようじに落ち着きました。

この糸ようじは1本につき細い糸が6本で構成されており、歯と歯の間の汚れをしっかりとキャッチします。

しっかりと歯を磨いた後でも糸ようじをすると汚れが結構取れるので最初は驚きました

私は歯磨きだけを行っていた時期は歯医者の定期検診に行ったときに磨き残しによって汚れが残っているとよく指摘されていました

しかし糸ようじを併用するようになってからは、きちんと歯の掃除ができていて汚れがほとんどないと褒められるようになりました

舌ブラシ&クリーニングジェル

歯磨きだけでは当然ですが舌に残る汚れは取れません。

舌に残る汚れ(大抵は白色)のことを舌苔といい、これは細菌の塊のようなものです。

放っておくと口臭の原因になるので、舌も磨いた方がいいのですが、絶対に歯ブラシ磨いてはいけません

理由としては歯ブラシのような硬いもので磨くと舌の味蕾(味を感じる器官)を傷つけてしまい味覚障害が出る恐れがあります

また傷ついた舌には汚れがつきやすくなり、逆に口臭が強くなります

 

そのため舌を磨くときは舌ブラシを使用するようにしましょう。

私が使用している舌ブラシは下記のものです。

created by Rinker
¥295 (2021/06/13 03:33:15時点 楽天市場調べ-詳細)

ゴムへらのタイプなので舌への負担が少ないですし、使用後も水洗いすれば汚れが残りづらいので衛生的です。

ただ舌ブラシを使う時もゴシゴシと強く磨くのではなく、舌の上をなぞるように磨きましょう。

 

舌ブラシだけでも舌の汚れを落とすことはできますが、汚れを確実に落としたい方は舌専用のクリーニングジェルをつけるのがおすすめです。

クリーニングジェルは舌の汚れを落としやすくする成分が含まれています。

私が使用しているクリーニングジェルは下記のものです。

これをつけて舌磨きを継続した結果、白かった舌がきれいなピンク色になりました

 

マウスウォッシュ

歯磨きや舌磨きをした後でも、口内に細菌は多少残ってしまいます。

そこで仕上げにマウスウォッシュを使用すれば、細菌を殺菌し、さらに口臭を抑えることができます

マウスウォッシュはいくつか用途があり、大きく分けると口臭予防用、虫歯予防用、歯周病予防用にわかれます。

これら全てのケアができる商品が下記のものです。

口臭ケアとして優秀なこのトータルケアプラスですが、アルコールが含まれており結構刺激が強いです

初めて使った時は正直痛いと感じるほどでした。(使い続けると慣れてきますが)

そのため初めて使う方は以下のノンアルコールタイプの「トータルケアゼロプラス」が低刺激のためおすすめです

リステリンは殺菌効果があり口内環境が清潔になるため、口臭が消えるだけではなく、口内炎できにくくなります

実際私はリステリンを使用する前は2,3週間に1回口内炎ができていたのですが、使用してからは半年に1回ほどしかできなくなりました

ガム

口の中に汚れが残っていると細菌が発生しやすいとお伝えしましたが、口内が乾燥している場合も細菌が発生しやすくなります

口内の乾燥を防ぐためには唾液を出す必要があります

唾液を出すにはガムを噛むのがおすすめです

私が愛用しているガムは以下の2つです。

ロッテ ACUO アクオ クリアブルーミント ファミリーボトル (140g) チューイングガム くすりの福太郎 ※軽減税率対象商品

上記の2つは私が試してきたガムの中では味がとても長続きします。(個人的には2時間ぐらいは噛んでいられます。)

またフレーバーがミントの香りで口の中がとてもすっきりするのでおすすめです。

 

 

以上がおすすめの市販品のご紹介でした。

是非ご紹介した商品で口臭ケアを試してみてください。

もしこれらを使っても口臭が改善しない場合は、胃や内臓の不調、虫歯や歯周病が考えられます。

その場合内科や歯医者の受診をおすすめいたします

 

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる