MENU
ひー
2020年1月よりブログを開始した30代サラリーマン。
主にお金にかかわる事(投資、節約、貯金、お小遣い稼ぎ等)、資格、旅行についての情報を発信していきます。
当サイトの使用テーマ「SWELL」の詳細情報はこちら!

【2021年3月更新】クレジットカードで投資信託を購入・支払いできる会社をまとめてみました。【積立】

2017年まではクレジットカードで投資信託を購入・支払いできるサービスはありませんでした。

しかし2018年から徐々にそのサービスが増えていき、2021年にはなんと5つの会社がクレジットカードで投資信託を購入できるサービスを展開しております

今回は5つの会社のサービス内容の違いについてまとめましたのでご紹介いたします。

目次

クレジットカードで投資信託を購入するメリット

最大のメリットはクレジットカードで購入した分のポイントが付与されることです。

後程紹介する5つの会社で投資信託をクレジットカードで購入すると、購入額の0.1%~1%のポイントが付与されます

つまり投資の成績にかかわらず、必ず得をする部分があるということです。

銀行の普通預金の金利が0.001%~0.2%ということを考えるとかなりお得です。

 

またクレジットカードの引き落とし口座からお金がひかれるため、通常の積立と違い、毎月積立てる金額を証券会社の口座に送金する必要がないというメリットもあります。

 

クレジットカードで投資信託を購入・支払いできる会社一覧

楽天証券SBI証券マネックス証券tsumiki証券セゾンポケット
クレジットカード楽天カード三井住友カード ナンバーレスマネックスカードエポスカードセゾンカード・UCカード
ポイント還元率1%0.5%1%0.1%~0.5%約0.1%
積立NISA対応
ポイントで投資信託を購入できるか×
投資信託の取扱銘柄数
(2021年3月現在)
2,500種類以上2,500種類以上1,000種類以上4種類2種類
毎月の購入可能額100円~50,000円50,000円まで50,000円まで3,000円~50,000円1,000円~50,000円
※SBI証券は2021年6月30日、マネックス証券は2021年春よりサービス開始予定。そのため今後内容が変わる可能性あり。

 

おすすめの会社は?

この中でおすすめ度が高い会社はどこなのか。

おすすめ度を判定する指標としてはポイント還元率の高さ、ポイントで投資信託を購入できるか、投資信託の取扱銘柄数の3つです。

この指標で判定したとおすすめ度ランキングは以下のとおりです。

  1. 楽天証券
  2. SBI証券もしくはマネックス証券
  3. tsumiki証券
  4. セゾンポケット

楽天証券他のどの会社と比べても3つの指標でトップクラスのため、まだクレジットカードによる投資信託を始めていない方はまず楽天証券から始めることをオススメいたします!

 

次にSBI証券マネックス証券です。

投資信託の種類の豊富さ、ポイントで投資信託を購入できる点を重視するならSBI証券、ポイント還元率の高さを重視するならマネックス証券です。

  

その次はtsumiki証券、最後にセゾンポケットです。

上記の2つはポイント還元率が低い、投資信託の取扱数がかなり少なく信託報酬が高いため正直なところ現時点ではあまりおすすめはできません

(※今後信託報酬が低い投資信託を扱うようになれば、投資の選択肢としてありだとは思います。)

 

それぞれの会社のサービス内容の詳細については別の記事でまとめておりますので、是非ご覧ください。

■楽天証券

■SBI証券

■マネックス証券

■tsumiki証券

■セゾンポケット

 

以上がクレジットカードで投資信託が購入できる会社のご紹介でした。

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる