MENU
ひー
2020年1月よりブログを開始した30代サラリーマン。
主にお金にかかわる事(投資、節約、貯金、お小遣い稼ぎ等)、資格、旅行についての情報を発信していきます。
当サイトの使用テーマ「SWELL」の詳細情報はこちら!

Suica通勤定期券の利用でポイントが貯まる!JR東日本 オフピーク ポイントサービスの内容について

JR東日本で期間限定ではありますが、Suica定期券を利用されてる方で通勤時間をずらすだけでJREポイントが付与されるサービスが始まりました

とてもお得なサービスなので内容についてご説明したいと思います。

目次

オフピークポイントサービスとは

平日の朝の通勤時間のピークよりも早い時間に通勤した場合は15ポイント遅い時間に通勤した場合は20ポイントのJREポイントがもらえるサービスです。

ただ時間をずらすだけでポイントがもらえるというのはかなりお得ですね!

対象エリア、対象時間帯については下記のJR東日本の公式サイトをご確認下さい。

オフピークポイントサービス対象エリア (jreast.co.jp) (対象エリア)

多様化する通勤スタイルに合わせたJRE POINTの新サービスの詳細について (jreast.co.jp) (対象時間帯)

 

2021年の平日数が246日なので、仮に約1年間ずっと早い時間に通勤した場合は246日×15ポイント=3,690円のポイントが付与されます。

通勤時間を早めるだけで約4,000円近くもらえるのはお得ですね。

ちなみに還元されるポイントは1日1回です。

1日の間に複数回利用してもポイント還元は1回ですのでご注意ください

ポイント付与の最低条件

JRE POINTでSuicaの登録を行っていること。

まずJRE POINTというサイトに新規登録を行い、そこで自身のSuicaの番号を登録する必要があります。

登録については下記のページから簡単に行えます。

はじめてガイド JR東日本の共通ポイントサイト - JRE POINT

JRE POINTでエントリーを行っていること。

Suicaの登録が完了した後は、JRE POINTのサイトでオフピークポイントサービスを受けるためにエントリーが必要です。

このエントリーを行っていないとポイントは付与されないのでご注意ください

ポイント付与対象外の事例

有人改札で入出場する場合

入出場のどちらも自動改札でないといけません。

入出場のいずれかが対象外エリアの場合

先ほど掲載した対象エリアで、入場が対象エリアで出場が対象エリア外 または 入場が対象エリア外で出場が対象エリアという場合はポイントが付与されません。

通勤定期券の区間外の場合

入場が通勤定期券内で出場が通勤定期券外 または 入場が通勤定期券外で出場が通勤定期券内という場合はポイントが付与されません。

同一駅内で入出場する場合

文字通りですが、これが認められてしまうと乗車しなくてもいいので当然かもしれませんね。

他鉄道の自動改札を利用する場合

乗り換えなどで出場の際には他鉄道の自動改札を使う場合がありますが、このような場合はポイントが付与されません。

簡単に言ってしまうと入場も出場もJR東日本の自動改札を通らないといけないということです。

詳しい内容は下記のJR東日本のページをご覧ください。

PowerPoint プレゼンテーション (jreast.co.jp)

東海道新幹線を利用する場合

通勤区間に東海道新幹線が含まれている場合、ポイントは付与されません。

 

   

 

以上がオフピークポイントサービスの内容のご説明でした。

普段の通勤が対象エリア、対象時間帯に当てはまる方は今の生活を変えずにポイントがもらえるので、是非登録をしておくといいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる