MENU
ひー
2020年1月よりブログを開始した30代サラリーマン。
主にお金にかかわる事(投資、節約、貯金、お小遣い稼ぎ等)、資格、旅行についての情報を発信していきます。
当サイトの使用テーマ「SWELL」の詳細情報はこちら!

【還元率1.5%】jreポイントが貯まるカード、ビューカードのオートチャージでお得にポイントゲット!

皆様は「ビューカード」というクレジットカードブランドをご存じでしょうか。

こちらのカードはオートチャージという機能を使うことで、Suicaで支払いができるお店であれば金額の1.5%分のjreポイントが還元される超優れもののカードです。

今回ビューカードのオートチャージについて詳しくご説明いたします。

目次

ビューカードとは?

東日本旅客鉄道(JR東日本)の子会社である「株式会社ビューカード」が発行しているクレジットカードのブランドです。

カードの種類については下記のビューカードの公式ホームページをご覧ください。

https://www.jreast.co.jp/card/first/

オートチャージとは

オートチャージとは事前にビューカードとSuicaの連携設定をしておくことで、改札にSuicaをタッチをした際にSuicaの残高が設定した判定金額を下回っていた場合に自動的にチャージを行う機能です。

オートチャージの設定の際にはオートチャージ実行判定金額オートチャージ入金実行金額を決める必要があります。

具体例を交えて説明します。

オートチャージ実行判定金額を1,000円、オートチャージ入金実行金額を3,000円に設定したとします。

改札をタッチしたときの残高が800円だった場合は、実行判定金額の1,000円を下回っているので、入金実行金額の3,000円が追加され残高が3,800円となります。

この方法を使えば「Suicaのチャージ金額が足りなくて改札が通れない!」なんてことがなくなりとても便利です。

実行判定金額も入金実行金額も1,000円~10,000円の範囲で1,000円単位で設定することが可能です。

ただしオートチャージがされるエリアが決まっており、現在は下記の通りです。

  • 首都圏Suica・PASMOエリア
  • 新潟エリア
  • 仙台エリア

これ以外のエリアでは改札にSuicaをタッチをしてもオートチャージはされないのでご注意ください

(具体的なオートチャージエリアについては下記の公式ホームページをご覧ください。)

オートチャージのポイント還元率

便利なオートチャージですが、すごいのはポイント還元率が高いことです。

ビューカードは通常のクレジットカードとして使用する場合は1,000円につきJREポイントを5ポイント獲得できます。

ちなみにJREポイントは1ポイント1円としてSuicaの残高として使用することが可能なので還元率としては0.5%です。

オートチャージの場合はチャージ金額1,000円につき15ポイント、つまり還元率が1.5%となります。

ちなみにJR東日本にてビューカードで定期券や新幹線の乗車券を購入した場合も還元率が1.5%です。

(※ポイント数によってはSuicaへのチャージではなく、ルミネ商品券に交換することで還元率が1.5%を上回る場合もあります。詳しい内容については下記の記事をご覧ください。)

 

先ほどご説明した通り、オートチャージは改札でSuicaをタッチしたときに行われ、その際のチャージ金額が1.5%還元の対象となります。

そのため普段のお買い物をSuicaで支払いを行い、足りなくなったらオートチャージを行うようにすれば、これはつまりSuicaでの支払金額のすべてが1.5%ポイント還元されるということと同じです。

ここ最近では常に1.5%のポイント還元がされるクレジットカードはなかなかないためオートチャージは本当におすすめです。

オートチャージができるクレジットカード一覧

冒頭で紹介したビューカードの公式ホームページのカード一覧の中ではJREカード(Suica・定期券機能なし)以外のものは全てオートチャージに対応しています

どのカードも毎月の明細書をWEB発行にしておけばJREポイントが毎月50ポイントもらえます

つまりWEB発行にするだけで1年間で600円分のポイントがもらえてかなりお得です

(2021年4月追記) 残念ながらWEB明細発行で毎月ポイントがもらえるサービスは2021年4月で終了です。

 

カードの種類がいろいろとありますが、「オートチャージだけ使えればいい!」というのであればビッグカメラSuicaカードが一番おすすめです。

他の種類ですとどれも年会費がかかります

しかしビッグカメラSuicaカードであれば、初年度無料・次年度も前年度に1回以上の利用があれば無料とオートチャージを利用する方にとっては実質完全無料です。

オートチャージの設定方法

オートチャージはJRの駅にあるVIEW ALTTE(ビューアルッテ)にて設定することが可能です。

ビューカードとは別にSuicaを持っている場合のオートチャージ設定方法は下記の通りです。

  1. 左画面のビューカードのサービスのオートチャージ設定を選択
  2. Suicaのリンクを選択
  3. リンク設定/変更を選択
  4. ビューカードと連携させるSuicaを挿入
  5. Suicaと連携させるビューカードを挿入
  6. ビューカードの暗証番号入力後、確認ボタンを選択
  7. 規約に同意後、オートチャージ設定するを選択
  8. お申込みを選択し、規約に同意する。
  9. オートチャージ入金実行金額・実行判定金額を設定し、完了

ビューカードとSuicaが一体になっているものをオートチャージ設定されたSuicaとして使用したい場合、設定完了後にチャージ金額等を変更したい場合は、上記の2でオートチャージ設定を選択してください。

その後の流れは上記の4以降とほぼ同じです。

まとめ

  • ビューカードはオートチャージでポイント還元率が1.5%!
  • オートチャージだけ使いたいのであれば年会費実質無料のビックカメラSuicaカードがおすすめ!
  • オートチャージの設定はJRの駅にあるVIEW ALTTEで設定可能!

以上となります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる