MENU
ひー
2020年1月よりブログを開始した30代サラリーマン。
主にお金にかかわる事(投資、節約、貯金、お小遣い稼ぎ等)、資格、旅行についての情報を発信していきます。
当サイトの使用テーマ「SWELL」の詳細情報はこちら!

サラリーマン人生を快適に過ごすために・・・私が仕事で大切にしている3つの心がけ。

「社会人になったばかりなので、これからのサラリーマン人生を快適に過ごすために仕事で大切にするべき心がけを知りたいな。

仕事で大切にするべき心がけは細かいことも含めればたくさんあると思います。

その中でも今回は私が特に大切だと思う3つの心がけを私の経験をまじえながらご紹介したいと思います

目次

私が仕事で大切にしている3つの心がけ

社内の人の悪口を社内で絶対に言わない。

おそらくこれから会社で過ごしていくにつれ、少なからず嫌いな人に出会うことはあると思いますが、どんなことがあっても社内の人の悪口を社内で言うのはやめましょう

私の経験ですが前の会社で同世代10名くらいで飲み会があり、こんな会話が行われました。

 

同世代A君
同世代A君

「○○課長ってさー仕事できないくせに態度だけはいっちょ前でほんとにムカつくわ!」

同世代Bさん
同世代Bさん

「わかる!私もこの前かなり理不尽なことで怒られたわ。

ひーは○○課長とそこそこ絡みあるけど、どう思ってるの?」

ひー

「あーまあなんというかクセが強いよね。あんまり得意なタイプではないかな。」

 

この飲み会から約数週間後、他部署の係長と飲む機会がありその時に言われたのが

 

係長
係長

「噂で聞いたけどお前○○課長のことすげー嫌ってんだってなw

ひー

いや、言ってねえよ

 

  

詳しく聞いたところ係長も同世代飲み会に参加した人から聞いたわけではなく、別の人から聞いたそうです。

ですので誰から情報が漏れてどのように伝わったのか詳しくはわかりません。

ただこの件で分かったことは、社内の人の悪口(悪口じゃなくてもその人に対するネガティブな発言)はあっという間に社内に広がるということです。しかも場合によってはかなり誇張される。)

で、この係長はすごいおしゃべりなので既に他の人にもしゃべっており、それが回りまわって課長の耳にも入っていた可能性が高いです。

そのせいで課長と仕事をする際にすごくやりづらくなってしまいました

 

この経験から社内の人の悪口は社内では今後絶対に言わないと心に誓いました

もし言いたくなったとしても社外の人(例えば学生時代の友人、家族、恋人)に言うようにしましょう

言い訳から入らない。

例えば自分なりに考えて正しいと思ったことをやったはずなのに、それについて怒られた場合・・・ちょっとは言い訳したくなりますよね?

そんな時でも言い訳から入らずにまず謝罪をしましょう。

 

例えばですが、

上司
上司

「なんでこんな方法で実行したんだ!」

と上司に怒られた場合・・・・

 

パターンA

「いやでもこっちの方が効率がいいので実行しました。」

パターンB

「ご迷惑をおかけして申し訳ございません。私なりにこっちの方が効率いいと思い、実行してしまいました。」

このように同じことを言うにしても謝罪から入ると印象が全く変わります

自分は全く悪くないのになぜ怒られなきゃいけないんだ!」と思う場面もあると思います。

そんな時でも言い訳から入るのはぐっとこらえて、怒らせてしまったことについてまず謝罪をしましょう

自分が怒る側になったときに初めてわかるのですが、まず言い訳から入られるとものすごくイラっとします。

謝罪から入って無用なトラブルは避けましょう。

なんでもいいから1番になれるものを目指す。

どんなことでも構いません、課や部の中で1番になれるものを常に目指しましょう。

1番になれるものがあるメリットは、

  • 自分に自信がつく。
  • 仕事ができると思われて、大事な仕事を任されやすくなる

つまり仕事においてやりがいを感じることができ、仕事をするのがとても楽しくなります

社会人になると年間休日120日の場合は1年間の中で約2/3は会社で過ごすことになるため、人生の半分以上を仕事に充てることになります

つまり仕事をするのが楽しくない=人生が楽しくないということになってしまいます

 

私の場合前の会社で新卒で営業配属になった時は人見知りということもあり、営業の仕事が苦痛でしかなく会社に行きたくないと思ったことが何度もありました。

 

入社して約1年半が経った頃、社内で新製品の販売キャンペーンがあり、たまたま担当していたお客様から大量の受注があったことから、新製品の販売実績1位が目前となった時がありました。

その時に「今回は1位を取れるかもしれない!」と思い、残りのキャンペーン期間まで全力で新製品の販売に取り組みました。

その結果1位を取ることができ、こんな自分でも営業で1位になれるんだ!と自信がつき、その後転職するまでの約2年の間にあった新製品販売キャンペーンではほぼ1位を獲得することができました。

またこれだけ連続して1位を取ると、会社の人からも「あいつは仕事ができる」と思われ、いろんな仕事を任されるようになり、さらに自信がつきました。

 

自分はできるという自信、会社の人に評価されているという優越感これのおかげで仕事がずっと楽しくてしょうがなかったです。

まとめ

まとめ
  • 社内の人の悪口を社内で絶対に言わない。
  • 言い訳から入らない。
  • なんでもいいから1番になれるものを目指す。

以上です。

他にも仕事に関する記事を書いておりますのでよろしかったらご覧ください。

この記事が少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる