MENU
ひー
2020年1月よりブログを開始した30代サラリーマン。
主にお金にかかわる事(投資、節約、貯金、お小遣い稼ぎ等)、資格、旅行についての情報を発信していきます。
当サイトの使用テーマ「SWELL」の詳細情報はこちら!

資格勉強の費用を教育訓練給付金で軽減!給付額、支給要件、必要書類は?いつもらえる?

スキルアップの為に資格勉強したいけど、資格学校の受講料が高いなー。少しでも安く受けられる方法はないかな・・・

国の制度である教育訓練給付制度を利用して補助金を受け取ることにより受講料が安くなります

ひー

実際に私も利用して受講料が2万円ほど安くなりました!

今回は社会人の資格勉強の強い味方となってくれる教育訓練給付制度について詳しくご説明したいと思います。

目次

教育訓練給付制度とは?

働く人のスキルアップやキャリア形成を支援するために、資格学校の受講料一部を国が負担してくれる制度です。

教育訓練給付金は以下の3つに分類が分かれます。

  1. 一般教育訓練給付金
  2. 特定一般教育訓練給付金
  3. 専門実践教育訓練給付金

ものすごく簡単に分けると1は働きながら資格勉強をしている社会人向け2は1よりも難関な資格のみを厳選したもの3は専門職の資格を得たい人向けとなっています。

今回は対象講座が一番多く、社会人の方がスキルアップで利用する可能性が一番高い一般教育訓練給付金について詳しくご説明をいたします。

一般教育訓練給付金

給付額

給付額は支払った金額の20%です。

ただし補助額上限額は10万円、下限額は4千円超です。

給付の対象となるためには以下の支給要件を満たさなければなりません。

支給要件

  • 初回の場合は雇用保険に加入している期間が1年以上(離職者の場合は先述の条件+離職日から1年経過していない。)
  • 2回目の場合は雇用保険に加入している期間が前回受講開始日より3年以上+前回の支給決定日から3年以上経過している。
  • 厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し、修了する。
  • 受講費用が20,001円以上

支給要件に当てはまっているかどうかはハローワークに行けば調べてもらうことができるので、心配な方は受講前に確認しておいた方がいいと思います。

ちなみに支給要件について本番の試験の合否は関係ありません

講座については有名な資格だとTOEIC、簿記検定、宅建、社労士、ファイナンシャルプランナーなどがあります。

厚生労働大臣が指定する教育訓練講座については以下の厚生労働省の講座検索システムで調べることができますので、ご確認ください。

講座を探したい[検索システム] (mhlw.go.jp)

 

ちなみに私は簿記1級を受けるときに利用しました。

 

提出書類

以下の書類をお住まいの地域管轄のハローワークに提出する必要があります。

■必須

  • 教育訓練給付金支給申請書
  • 教育訓練修了証明書(資格学校が発行するもの)
  • 本人住所確認書類(運転免許所や住民票の写し等 コピー不可)
  • 雇用保険被保険者証または雇用保険受給資格者証(どちらもコピー可)
  • 領収書
  • 振込先の金融機関の通帳またはキャッシュカード

 

■場合により必要

  • 教育訓練給付対象期間延長通知書(適用期間の延長申請をしていた場合)
  • 返金明細書(教育訓練経費の一部が教育訓練施設から本人に対して還付された(される)場合)

提出については教育訓練修了証明書の修了日の翌日から起算して1か月以内に行う必要があります

1か月を過ぎてしまうと受付されなくなってしまいますのでご注意下さい。

教育訓練給付金はいつもらえる?

申請後から振込までの期間は明記されておりませんが、私が申請を行ったハローワークでは書類を提出してから2週間ほどで振り込みを行ってくれました

教育訓練給付金対象講座を扱っている資格学校

以上が一般教育訓練給付金の説明でした。

この制度を活用すれば、資格勉強の費用を大幅に軽減することができるので是非利用してみてください。

教育訓練給付金の対象講座を取り扱っている資格学校はたくさんあります

下記は資格学校の一例ですが、一度ホームページにアクセスして自分が受けようとしている講座の取り扱いがあるか確認してみてください。

教育訓練給付金対象講座を扱っている資格学校一覧

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる