MENU
ひー
2020年1月よりブログを開始した30代サラリーマン。
主にお金にかかわる事(投資、節約、貯金、お小遣い稼ぎ等)、資格、旅行についての情報を発信していきます。
当サイトの使用テーマ「SWELL」の詳細情報はこちら!

ネットスクールの簿記1級WEB講座の評判は?実際に1年半受講した私がお答えします!

「資格学校のネットスクールの簿記1級のWEB講座の評判はどうなんだろう?実際に受講した人の感想を聞いてみたい。」

今回は実際にネットスクールの簿記1級のWEB講座を1年半受講してきた私が内容や感想についてお話ししていきたいと思います

目次

ネットスクールとは?

資格に関する本の出版やWEB講座を行っている資格学校です。

他の大手の資格学校と違って講座については通学式ではなく、すべてWEB講座形式になっているのが特徴です。

WEB講座については以下の資格を取り扱っています。

  • 日商簿記1~3級
  • 全経簿記上級
  • 税理士
  • 建設業経理士1級、2級
  • ファイナンシャルプランナー1級

 

以下、私が受講した簿記1級のWEB講座について内容を記載いたします。

日商簿記1級WEB講座のカリキュラム内容

講義についてはおおまかに3つのコースに分かれます。

  • 標準コース(初学者向け、受講期間約1年)
  • 速習コース(初学者向け、受講期間約7か月)
  • 経験者コース(1級受験経験ありまたは1級の学習範囲を一通り終わらせた人向け 受講期間約7か月)

私は速習コースを受講したのち、経験者コースを受講しました。

標準コース、速習コース

標準コースと速習コースは期間が違うだけでカリキュラムの内容自体は一緒です。

内容は下記の通りです。

  • 基本講義(インプット講義 商会28回 工原28回  アウトプット講義 商会14回 工原14回)
  • 中間模試(1回)
  • 過去問解き方講義(商会5回 工原5回)
  • 直前答練(商会5回 工原5回)
  • とおる模試(1回)

講義で使用するテキストや問題集などは教材込みコースを選択すれば全てついてきます。

 

インプット講義は約30~40分で下記の基本テキストにそって各論点の基礎的な講義が行われます。

 

アウトプット講義は約1時間半で下記の問題集にそって各論点の応用的な解き方について講義が行われます。

 

過去問解き方講義実際の過去問を論点ごとにまとめた下記の問題集を使って講義が行われます。

【送料無料】 日商簿記1級 だれでも解ける過去問題集 / ネットスクール編集部 【本】

 

直前答練は下記の問題集を使って、商会の試験問題を1時間30分解いた後に解説講義が行われます。(工原も同じです。)

 

中間模試、とおる模試は、通常の試験と同じように商会1時間30分+休憩10分~15分+工原1時間30分で一通り試験を行い、最後に答え合わせと解説講義が行われます。

 

インプット講義以外はライブ配信を行うため、講義を受けている最中にわからないことなどがあれば、チャット機能にて講師に質問することができます

またライブ配信以外にもオンデマンド配信(簡単にいうとライブ配信が録画されたもの)があり、受講期間中であればいつでも好きな時に何度でも講義を見ることができます。

経験者コース

経験者コースの内容は下記の通りです。

  • 過去問解き方講義(商会5回 工原5回)
  • 過去問対策講義(商会6回 工原6回)
  • 中間模試(1回)
  • 直前答練(商会5回 工原5回)
  • とおる模試(1回)

基本講義(インプット講義、アウトプット講義の全て視聴可能)

カリキュラム内容は先ほどの標準コース・速習コースに過去問対策講義が加わっています。

過去問対策講義では以下の問題集を使用し、過去問の中でも難易度が高い箇所の解説が行われます

以下の問題集では税理士や公認会計士で出てきた問題も実力アップの為に一部掲載されています

経験者コースの注意点ですが、教材込みのコースであっても以下の教材は別途購入する必要があります

  • 標準コース・速習コースで使用した「とおるテキスト、とおるトレーニング」
  • 過去問対策講義で使用する「講師が選んだ過去問題集」

料金(教材込みコース)

簿記1級のWEB講座の料金は下記の通りです。(2021年6月現在・教材込みの場合)

【コース名】【料金(消費税込)】
標準コース124,000円
速習コース103,000円
経験者コース90,000円(※ネットスクール再受講者の方は46,600円

国の制度である一般教育訓練給付金の対象であるため、条件に当てはまれば受講料の20%がキャッシュバックされます!

一般教育訓練給付金については下記の記事をご覧ください。

難関日商簿記1級を完全攻略!ネットスクール

ネットスクールの良かったところ

講師の説明がとてもわかりやすく、知識が定着する。

私はネットスクールの講義を受ける前は4か月ほど独学で簿記1級を勉強していました。

その時は会計処理だけを一生懸命覚えようとし、その会計処理をなぜ行うのかということは全く考えなかったことから知識がほとんど定着しませんでした

ネットスクールでは講義において論点を具体例などを交えてわかりやすく説明したり、会計処理を行う根拠なども説明してくださいました。

(具体例については工業簿記では仕損発生に関する問題をケーキの製造工程で説明。会計処理の根拠については例えばその他有価証券の部分純資産直入法で評価益は純資産科目、評価損は損益科目で処理する理由など)

このおかげで論点をきちんと理解することができ、知識が定着しました。

講義を受けるたびに、「独学で勉強した論点はそういう意味だったのか!独学でやっていた解き方よりも講義で教わった解き方の方が簡単だ!」など独学では気づけなかった発見がたくさんありました。

そのため独学を諦めてネットスクールのWEB講義を受けて本当によかったと感じました

他の資格学校に比べて料金が安い。

ネットスクールは他の資格学校に比べて受講料が安いです。

下記に各資格学校の簿記1級WEB講座(受講期間1年間)の料金を記載いたします。

【料金】
TAC165,000円
大原157,800円
ネットスクール124,000円

ご覧の通り他の資格学校に比べて約20%~30%ほど料金が安いです。

電話やウェブにて簿記1級に関する質問が好きなだけできる。

簿記1級に関する質問を電話やウェブにて行えます

受講期間内であれば回数制限はありません。

私はウェブのみで質問をしていましたが、平日の朝に質問をすると大抵はその日中に回答が返ってきました

問題に関する質問だけではなく、勉強計画の相談なども可能で、簿記に関することであれば何でもお答えいただけました

このおかげで私は疑問点があっても躓くことなく、簿記の勉強を続けられたと思います

後で数えてみたら1年半で140回ほど質問をしておりました

親身になって回答をしてくださったことにほんとに感謝しています。

オンデマンド配信はいつでも何度でも視聴可能!1.5倍速、2倍速で視聴可能!

標準コース・速習コースの際に触れましたが、オンデマンド配信であれば好きな時間に何回でも視聴することが可能です。

パソコンだけではなくスマホでも視聴可能なので、モバイルWi-Fiなどでギガ数に制限がない人であれば、電車通勤などの隙間時間に講義を視聴することも可能です。

またオンデマンド配信は再生速度を1.5倍、2倍に早めることができるので、サクサクと勉強を進めることも可能です。

私は大体1.5倍速で講義を視聴していました。

ネットスクールの悪かったところ

システムトラブルに対する対応が遅かった。

2020年の初め頃に講義配信システムが変わり、人によっては1.5倍速、2倍速で視聴すると映像と音がずれてしまうため、結果的に通常の再生速度でしか視聴できないという問題がありました。

私の場合システムが変更された当初は倍速で見ることができませんでしたが、最終的には問題は解消されました。

ただ2020年11月頃でもまだ倍速で見れないとおっしゃっている方もいたので、その時点では問題は完全に解消はされていなかったようです。

配信システムが変わってから約1年弱たっていたのに完全に解消されていなかったという点は、ちょっと対応が遅いのでは・・・?と思いました。

 

追記 2021年5月19日

配信システムの問題について問い合わせしてみたところ、現在は問題は完全に解消され、問題なく倍速で再生できるとのことです。

まとめ&簿記1級に関する他の記事はこちら

以上がネットスクールの簿記1級WEB講義に関する内容のご説明でした。

最終的な感想としては他の資格学校に比べて低価格でありながら、簿記1級合格までのサポート体制が整っているため、ネットスクールの簿記1級WEB講座は本当におすすめです。

以下のボタンから無料体験講座を受けられますので是非ご利用ください。

簿記1級に関しては他にも記事を書いております。

簿記1級の勉強時間、独学について

簿記1級を勉強するメリット

簿記1級の勉強方法・おすすめのテキスト

簿記1級 初見の問題で70点以上取るための勉強 テクニック

簿記1級 試験日から合格発表日までの間にやるべきこと、やってはいけないこと

ケアレスミスを減らす方法

3回以上簿記1級を受験しても受からないときはどうするべきか?

簿記1級を取得するメリット

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる