MENU
ひー
2020年1月よりブログを開始した30代サラリーマン。
主にお金にかかわる事(投資、節約、貯金、お小遣い稼ぎ等)、資格、旅行についての情報を発信していきます。
当サイトの使用テーマ「SWELL」の詳細情報はこちら!

【露天風呂付!】リゾナーレ八ヶ岳 レジデンススイート のご紹介【アメニティ】

星野リゾー系列のリゾナーレ八ヶ岳唯一木の露天風呂がついている部屋レジデンススイートに宿泊してきましたのでご紹介したいと思います。

リゾナーレ八ヶ岳の概要については下記の記事をご覧ください。

目次

部屋のご紹介

まずリゾナーレ八ヶ岳は部屋が大きく分けて二種類に分かれています。

1つはロビーなどがあるホテル棟にあるホテルルーム、もう1つはホテル棟からは離れてピーマン通りに面しているレジデンスルームです。

今回私が泊まったのは後者です。

このピーマン通りの両隣にある建物が宿泊部屋になっています。

レジデンススイートは3階なのでこの階段を上って、さらに折り返してまたのぼります。ホテル棟と違ってエレベーターはありません。

玄関から撮影した写真です。今回私が宿泊したのは緑色のお部屋ですが、赤色の部屋もあるみたいです。右を見ると・・・

ありました!木の露天風呂です!

目の前に森があって景色がいいです。大人二人が足を伸ばしても余裕があるくらいの広さです!

ここでお湯と水を出すことができ、温度調整が可能です。白いのは網でお湯に浮かぶものを掬いだすことができます。

この露天風呂にはカーテンがついており、このように外の景色を遮断することもできます。また湯船の上には屋根がついているので雨の日でも安心です。

写真だとわかりづらいかもですが、一部屋根がついていないところがあり、雲がなければ夜には星を見ながらお風呂に入るということも可能です。

リゾナーレ八ヶ岳には共用の露天風呂もくもくの湯がありますが、コロナのこともあるので今回は利用しませんでした。

このレジデンススイートの露天風呂ならコロナのことも気にすることなく、好きな時間に入ることができるのでとても重宝しました!

2泊3日で朝夜計4回露天風呂を楽しみました。

部屋の中の1階の設備は玄関の横にクローゼット、金庫、ドライヤー、靴ベラ、洋服用ブラシがあります。

露天風呂の近くにあるソファーの前には大きめのテレビがあります。

パジャマとは別にバスローブもあります。

部屋用のスリッパがあるのはもちろんですが、

外履き用のサンダルもついていました。これはリゾナーレ那須にもあったもので脱ぎはきが楽なので外に出るときはほんとに重宝しました。

マッサージチェアもついています。

1階の奥側には机と椅子があります。左側の扉の中には冷蔵庫があります。右側の扉はトイレとバスルームです。

カーテンを開けるとピーマン通りが見えます。

冷蔵庫がある扉の中には電気ポット、ティーバック、水補給用の入れ物があります。リゾナーレ八ヶ岳では水は部屋に置いておらず、左の入れ物を持ち出して館内のウォーターサーバーに自分で水を入れます。(プラスチックごみ削減のためみたいです。)

バスルームの入り口から撮影です。トイレとお風呂が一緒になっています。

アメニティは歯ブラシ、髭剃り、くし、綿棒、ヘアゴム、コットン、石鹸と一通りあります。

バスタブです。写真には写っていませんが、物干し用の紐を出すこともできます。

次は2階です。

2階の寝室です。パジャマがおいてありました。シングルベッドが2つです。

ヘッドライト、内線電話、コンセントがついています。

連泊中の清掃についてですが、上記の画像のように通常の清掃とノーメイク清掃の2点があります。ノーメイク清掃を選択した場合はホテル内で使える割引券1,000円がもらえます。リゾナーレ那須のときはノーメイク清掃でホテル内のカフェで使えるドリンクチケット(500円ほど)付与だったので、それに比べるとかなりお得ですね。

以上がレジデンススイートの部屋のご紹介です。写真の通り内装が緑を基調としていておしゃれでしたし、部屋の設備は充実していて不便なこともなく、とても快適に過ごすことができました。

リゾナーレ八ヶ岳については他にも記事を書いておりますので、興味のある方は是非ご覧ください。

部屋以外の記事はこちら

■食事編

■施設編

■アクティビティ編

他のリゾナーレについての記事はこちら

〇リゾナーレ那須

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる