MENU
ひー
資格勉強が趣味のサラリーマン。
資格に関わる情報を発信していきます。
合格した試験:日商簿記1級、社労士、建設業経理士1級、全経上級、宅建、管理業務主任者、FP2級、第一種衛生管理者等
当サイトの使用テーマ「SWELL」の詳細情報はこちら!

令和4年度 2022年 宅地建物取引士(宅建)解答速報まとめ

宅建の試験が終わった!一刻も早く自己採点がしたい。

各資格学校の2022年(2022年10月16日日曜日開催)の宅地建物取引士(宅建)解答速報をまとめましたので是非ご確認ください。

※各資格の勉強方法等を詳しく知りたい方は資格名をクリック!

目次

2022年 宅地建物取引士(宅建)解答速報まとめ

※下記の令和4年度の解答速報を公表している資格学校リストは都度更新いたします。

各資格学校の解答速報

自己採点の結果はいかがでしょうか。

合格点数のライン前後の方は合格発表日までソワソワしてしまいますよね。

自己採点の結果、ほぼ確実に合格の方

合格おめでとうございます。

宅建合格後は試験範囲が被っている、管理業務主任者、賃貸不動産経営管理士、FPの受験がおすすめです。

以下勉強方法などをまとめておりますのでよろしかったらご覧ください。

自己採点の結果、ほぼ確実に不合格の方

もし再度試験に挑戦されるということであれば、勉強方法を見直してみましょう。

独学だった方は、資格学校の宅建士講座を受講するのがおすすめです。

独学よりも知識を定着させることができ、合格可能性が一気に上がります。

私のオススメはSTUDYingです。

こちらは金額が14,960円~とかなり低価格です。

そして2021年は合格者を680名出しているため、信頼度も高いです。

私は宅建士講座は受講していませんが、それより難易度が高い社労士講座を受講し、一発で試験に合格することができました。

スタディングの宅建士講座は以下のボタンから無料体験ができますのでよろしかったらご覧ください。

以上です。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次