MENU
ひー
資格勉強が趣味のサラリーマン。
資格に関わる情報を発信していきます。
合格した試験:日商簿記1級、社労士(10月5日確定)、建設業経理士1級、全経上級、宅建、管理業務主任者、FP2級、第一種衛生管理者等
当サイトの使用テーマ「SWELL」の詳細情報はこちら!

社労士合格のために必要な勉強時間は実際はどれくらい?

社労士に挑戦したい人

社会保険労務士に興味があるんだけど勉強時間ってどれくらい必要なんだろう?

この疑問に対し、社会保険労務士に一発合格(自己採点通りでいけば。10月上旬確定)した私がお答えします!

※各資格の勉強方法等を詳しく知りたい方は資格名をクリック!

目次

社労士合格に必要な勉強時間は実際どれくらい?

社労士に合格に必要な勉強時間ですが、各資格学校のサイトを見ると以下のとおりです。

  • 大原 約800時間
  • TAC 約800~1,000時間
  • ユーキャン 約1,000時間
  • スタディング 約1,000時間~1,200時間

上記を見るとおおよそ1,000時間ほどで合格ができるように見えます。

ちなみに私は上記の時間に近い900時間に達した際に模試に挑戦してみました。(詳しい内容は下記のとおり)

簡単に結果を申し上げますと、選択式択一式ともに正答率が5割ほどでかつ基準点に達しない科目が2~3科目という悲惨な結果でした。

その後1,300時間を超えたあたりで模試を3回受けましたが結果は下記のとおり。

(大原の模試の1回目を受けたときにツイートはしていませんが、選択も択一もおおよそ2回目と同じような点数です。)

この頃になると択一式は合格点に達していますが、選択式で基準点に達していない科目もあり、確実に合格できるとはいえない実力です。

そして累計1,600時間ぐらいになったときに本番の試験を受け、結果(自己採点)は下記のとおり。

ようやく選択式・択一式ともに7割以上かつ基準点割れがない完全合格の状態に持っていくことができました。

そのため私の経験を踏まえると、社労士に確実に合格ができるまでに必要な時間は1,500時間以上だと思っています。

そんなに時間がかかったのはあなただけなんじゃないの?

そのように思われる方もいらっしゃると思いますが、私だけではありません。

社労士受験生の中には勉強時間が1,000時間を超えている方がかなり多くいらっしゃいます。

 

また受験回数で見ても2回以上(人によっては8回なんて人も!)受けている方も多くいらっしゃるので、必然的に勉強時間は1,000時間を軽く超えてきます。

https://twitter.com/alisakkko/status/1564582632075042816

ネット上の1,000時間というのは「1回で合格できる可能性が見えてくる最低限度の時間」という認識でいたほうがいいです。

(別の記事でネット上の勉強時間について信頼できるのか詳しく解説しておりますのでよろしかったらご覧ください。)

社労士に最短の勉強時間で合格する方法は?

1,000時間だと難しいのはわかったけど、それでもできるだけ短い勉強時間で1発で合格したい!

このように思われる方もいらっしゃると思います。

短い時間で確実に合格するためには最低条件が1つあります。それを以下で説明します。

独学はNG!必ず資格学校の講義を受講する。

資格勉強にあまりお金をかけたくないという理由で独学を選択する方もいらっしゃると思いますが、社労士の勉強に関しては絶対独学はやめておいた方がいいと私は断言します。

というのも社労士は範囲が膨大かつ専門的なため、内容を理解せず単に文章を暗記するだけでは本試験で全く使えない知識となり、合格するのがとても難しいです。

その点資格学校の講義はただの暗記だけではなく、内容について理解ができるように具体例を交えてくれたり、背景を説明してくれたりするので、本試験で使える知識として定着します。

また本試験の時間の使い方・解き方など独学だと学ぶことが難しい合格に必要なテクニックも教えてくれます。

資格学校の講座は、独学よりも圧倒的に合格可能性を高めてくれます。

社労士試験は1年に1回しか受けられないため、1回落ちるとまた1年間勉強しなければいけません。

独学で合格できずに膨大な時間やお金を無駄にするよりは、資格学校でお金をかけて短い時間で合格する方が効率的だと思います。

おすすめの社労士講座はSTUDYing(スタディング)!

資格学校の講義を受けた方がいいのはわかったけど、どの資格学校がいいの?

これは私が実際に利用していたSTUDYing(スタディング)をおすすめします。

STUDYing社労士講座の具体的な内容は別の記事で説明しておりますので詳しく知りたい方は是非ご覧下さい。

STUDYingの良かったところを簡単にまとめると、

  • 他の資格学校に比べて価格が圧倒的に安い!(46,800円から。他の資格学校では10万円前後が多い。)
  • 時期によっては上記の金額からさらに5%、10%オフとなるクーポンが発行されることもあり!
  • 基本テキスト、講義動画、過去問、直前対策、法改正、判例、横断整理、模試など合格に必要な教材がそろっている。
  • Q&Aサービスで疑問点を解決できる。
  • 基本はウェブコンテンツだけだが、別途オプションで紙テキストも利用可!
  • 合格した場合、合格体験記を書けば10,000円キャッシュバック!

特筆すべきは内容は他の資格学校と同程度にも関わらず金額が半額ほどというコストパフォーマンスの高さです。

以下、STUDYingの社会保険労務士講座が無料で体験できますので、よろしかったらご覧ください。

まとめ

  • 社会保険労務士に合格するためには1,500時間以上必要!(個人差あり)
  • 独学派NG!資格学校の講座を利用する!
  • 講座のオススメはコスパが高いSTUDYing(スタディング)の社会保険労務士講座!

他にも社労士に関する記事を書いておりますのでよろしかったらご覧ください。

こちらの記事が少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次